40歳の誕生日に早期リタイアしアフィリエイトなどでセミリタイア中です。今はメダカにはまってます。時々100均ネタなどもありますのでお気軽にご覧ください。

menu

40代のセミリタイア生活

アフィリエイトで商品を売る記事が書けない人は売れる環境づくりを考えてみましょう

Pocket

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

アフィリエイト売れる記事がなかなか書けないKAZUOです。

私は会社を辞めて貯金で生活しているのですが、やっぱり稼ぎは必要です。アフィリエイトなどで少しは収入がありますが、「月間100万円を稼ぐようになった○○」的な売り文句のアフィリエイト教材やセミナーはイマイチ信じられない状況です。そんなに稼げるなんて羨ましい(笑)

「売れる」と「売る」の違い

もともとは技術職だったため、私には営業の知識がありません。物を売るという行為がどういったものなのかも、いまだに理解できていないんです。

ですが「売る」という考え方では、なかなか売れないのではないかと思い始めています。

「これ買ってください。」と私の願望を伝えたところでなかなか売れるものでは無いですよね。

売ろうと思って書いた記事からはなかなか商品は売れないのですが、使ってみて本当に良かったものを紹介しただけの記事からはちょくちょく売れるんです。

直接的に売ろうとせず、売れる環境作りが重要なのかもしれませんね。

売れる商品には別の世界が見える

売れる商品とはどういったものでしょう。売れたアフィリエイトの商品や自分がつい買ってしまうものとは何かを考えてみました。

そうすると、売れる商品には商品とは別の世界を思い起こさせるイメージの力があるような気がしてきました。

「イタリアのお母さんたちは味にうるさい。そんなお母さんたちが認めた、イタリアの爽快な太陽をいっぱい浴びて育った実から、職人が息を止めて丁寧に絞り出したオリーブオイルです。」

なんて言われたら、普通のオリーブオイルとは違うイメージが膨らみますよね。買ってみようかなって気になります。

ここで嘘を書いてしまうと信用を無くしますが、一般には知られていない事やエピソードなどを伝えることができれば売れる商品になってくれるのではないでしょうか?

逆に、恐怖を煽られるものもあります。

「この髪はいつまでも変わらない物だと思っていたのに、ふと気づけばスカスカな状態です。途中で気づけたはずなのに。見たくなかったのか目に付きませんでした。もう少し早く育毛にチャレンジしておけばこんな事にはならなかった。」

ありがちな話ですが、どこか無視できませんよね。気にしてしまうともうダメです。育毛剤やシャンプーなどが気になってしまいます。

こういった危機感を煽るものは、読者のためを思って書く分には良いですが、むやみに恐怖心を利用してやろうという考えではいずれしっぺ返しがきますのでやらないでくださいね。

どちらのイメージも商品が売れる環境づくりに使えるでしょう。

「売る」のではなく「売れる」という事を一緒に考えていきましょう。


スポンサーリンク

Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

KAZUO
自己紹介
気軽にメールください


リタイアして今はブロガーとして頑張っています。セミリタイアしたい方もリタイアしない方にも役立つ情報を発信したいと思っています。

■フォローお願いします


■応援いただけると嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
免責事項・著作権・プライバシーポリシー

お気に入りに登録

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしていただきますと「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。