40歳の誕生日に早期リタイアしちゃいました。100均グッズで節約・リタイア後の生活などを書いています。

menu

40代のセミリタイア生活

スポンサーリンク

片付け下手は収納の場所を見直すと良い。ポイントは動線と頻度分け

Pocket

ランキングへの応援クリックが励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へにほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ

片付けがなかなか進みません。片付けてもすぐに散らかってしまいます。

私のような片付け下手は収納の位置を見直す必要があるようです。

テレビに収納のアドバイザーが出ていました。その人が言うには生活動線を気にして収納の位置を決めると散らかりにくくなるそうです。

生活動線や家事動線とは?

ときどき耳にする家事動線などの動線という言葉の意味は、よく通るところと解釈して良いようです。

家を建てる場合なら、どのような経路を毎回通り何をするかを真剣に考える必要があるようですが、すでに住んでる家がありますから今の間取りを活用していく必要があります。

まずは自分の行動範囲を細かく把握しましょう。ザックリとこの部屋とこの部屋みたいな感じではなく、足跡を追うように部屋のどの部分を通るのか、逆に通らないのかを考えてみる事にしましょう。

バックヤード的な収納に近寄ってない

私の場合、整理したものを収納する場所が少し遠いようです。いつも歩いている場所から手を伸ばせるような場所ではなく、大きな扉を開けて入っていかないといけない納戸や、部屋の奥にある棚など、使いそうで使わないバックヤード的な場所に収納してしまっていました。

よく使うものは行動する範囲に収納場所を作る方が散らかりにくくなるようなので、収納場所の再検討が必要です。

散らかるときは、自分が良くいる場所の近くに使ったものを置きっぱなしにしてしまうパターンが多いですから、自分の動線付近に収納が無いといけないという話は納得です。

物を頻度で分けるといい

遠くの収納には使用頻度の低いもの、近くの収納には使用頻度が高いものを入れておくと、部屋が散らかりにくく断捨離にも効果的です。

使うものか使わない物かは判断しにくいものです、使ったものを近くの収納に置くようにすると、使わなかったものは遠くの収納に残ります。

この遠くの収納に残った物を捨てれば断捨離になりますよね。

定期的に近くの収納を空にして遠くの収納に置きに行くと、使用頻度による選抜も簡単になると思いますので工夫してみてください。

今日は紙ごみを捨てました

気を抜くとすぐに増えてくる物たちは適度に捨てる必要がありますので、今日は紙ごみを捨てようとシュレッダーをフル活用していました。

個人情報が書かれた書類が多いので、そんな書類はシュレッダーを使って切り刻むことにしていますが、面倒なのでついつい後回しにしてしまいます。

こういった紙ごみもすぐに溜まりますから、保管場所を決めて溜まってきたら処理するようにしたいものですね。

私はビニールバッグにシュレッダー待ちの書類を貯めています。そのバッグがいっぱいになってきたらシュレッダーにかけます。バッグに入れているといっぺんに持ち運べるのでオススメですよ。


スポンサーリンク

Pocket

ランキング参加中

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 雑貨ブログ 100均雑貨へ

お気に入りに登録

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしていただきますと「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。

管理人のプロフィール


KAZUO ⇒ 自己紹介

サラリーマン時代はIT系の会社でSEをしていました。今はリタイア中です。誕生日はハリーポッターと同じ日ですが年齢は40代です。早期リタイアでお金はありませんが、リタイア前とは全く違うゆっくりとした時間を楽しんでいます。

お問合わせはお気軽に