ヒメタニシたちの殻が溶けてきたので水質を変化させる物を投入しました

ヒメタニシやラムズホーンを小さなガラス容器で繁殖させていたのですが、どうも貝の殻が溶けているようです。ヒメタニシの貝殻の先端が溶けて、少し中が透けて見えるような感じになっていますし、ラムズホーンの貝殻も小さな点状の穴が見えます。

セリアならメダカの産卵床が216円で12個自作出来る

メダカが卵を抱える季節になりました。色々な素材の産卵床を試していますが、やっぱりハードスポンジで作る卵トリーナ型はそれなりに効果が見込めると思っています。この卵トリーナ型のメダカ産卵床を自作するうえで、100均のセリア

ダイソーの活性炭をイージーシーラーと水切りネットで小分けしてみました

100均のダイソーで買った活性炭を睡蓮鉢やメダカ産卵用の小型水槽に沈めようと思うのですが、意外と場所を取るので困ってしまいました。もう少し小さい活性炭だったらよかったのに。活性炭の袋が大きいので袋を折りたたんで沈めたりしていたのですが、どうやっ

PSBをエビオスで増殖させようと思ったら別のところで大失敗してしまいました

水槽の水質を改善させたり、メダカの餌としても有能なPSBを増殖させようと2週間前に仕込んだペットボトル。

チェーンソー油膜事件の穴埋めにメダカの卵をヤフオクで物色中です

メダカのヒレ長が欲しい。我が家にも以前はスワロータイプのヒレ長楊貴妃がいたのですが、チェーンソー油膜事件の時にお亡くなりになりました。お隣さんがチェーンソーを買って、変な燃料で使用したため高濃度の排気ガスが我が家の庭にも充満してしまい、数時間後に確認したところあらゆる

卵を付けたままのメダカが気になり筆で強制的に採卵してみました

去年生まれで今年初めて卵を付けたメダカがずっと卵を付けたまま泳いでいます。増やしたいメダカだけを隔離して泳がせているので、アマゾンフロッグピットなどの浮草も入れていない環境です。卵が偶然に浮草の根に絡まるという事も無いですし、先輩メダカもいないので産卵床に付けるんだよと教えてもらう事も出来ないんじゃないかと考えて、強制的に

シュロ縄を買ってきてメダカ用の自作産卵床を作ってみました

メダカたちがちらほらと卵を抱えて泳ぐようになりました。今年はいろいろな産卵床を試してみたいので、今回はシュロ縄を買ってきました。前回自作した水切りネットバージョンの産卵床は、使用した水切りネットの網目が大きすぎ

越冬用にペットボトルに入れておいたミジンコウキクサが浮いてこない

ミジンコウキクサを越冬させようとペットボトルに入れておいたのですが、全然浮いてきません。水温が低くなると栄養を蓄えて沈むなどの越冬体制に入り、暖かくなると浮いてくるという事ですが、いまだに浮いてくるものがありません。

メダカの産卵床に水切りネットを使用したボール型を作成してみました

メダカの産卵床として卵トリーナ型を自作して使用していました。私が卵トリーナ型と呼んでいる物は硬いスポンジをタコ足状態にカットし丸めて浮に差し込んだタイプの産卵床です。去年はコレにお世話になりました。ダイソーやセリアで素材を購入すれば簡単に自作で

濃縮PSBをメダカ水槽に入れたら元気にパクついたので嬉しい

暖かくなったと思ったら急に寒くなったりと、人にもメダカにも厳しい温度変化が続いているので、少しでもメダカに元気になってもらおうと濃縮PSBを使ってみる事にしました。バクテリア関連の商品に効果は無いという人もいますが、PSBをいれてみた