40歳の誕生日に早期リタイアしアフィリエイトなどでセミリタイア中です。今はメダカにはまってます。時々100均ネタなどもありますのでお気軽にご覧ください。

menu

40代のセミリタイア生活

粉瘤の摘出手術費用が高いので生命保険から出るのか聞いてみました

Pocket

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

肩の粉瘤(ふんりゅう)が大きく腫れてきたので病院に行ってきました。

1週間後に切除してもらう事になり、採血や腫れを抑える抗生物質を出してもらったら、4000円弱ぐらいのお金がかかりました。

病院代って大きいですよね。手術には24000円ぐらいかかるそうです。もろもろで3万円コースです。

チョット高いので粉瘤切除の病院代を節約できないか調べてみました。

粉瘤とは?

粉瘤(ふんりゅう)とは、皮膚の一部が皮膚内に潜り込んで袋状になったものです。皮膚ですから垢などが排出されます。

皮膚の内部にある袋はお風呂に入っても洗えませんので、だんだんと垢などが溜まり、袋がが大きくなってきます。

そういったものなので、菌が侵入するとひどく炎症を起こしたりします。

放置しておいても問題ないものが多く、目に付く露出部以外の場所にできた粉瘤はそのまま放置している人が多いのではないでしょうか。

何科でみてもらうの?

粉瘤が大きくなってきたり、痛くなったりすると摘出してもらいたくなります。そんなときは何科を受信したらいいのか迷いませんか?

そんな時はとりあえず皮膚科に行ってみてもらうと間違いないと思います。

手術もこなせる設備を持った皮膚科なら、手術もしてもらえますが町の皮膚科なら形成外科などを持つ別病院を紹介してもらう事になるでしょう。

何外科でも、摘出は行ってもらえるでしょうが、傷を残したくない人はその点を医師と相談して傷の残りにくい所を紹介してもらいましょう。

病院で手術費がかなり違う

私は粉瘤ができやすい体質なので、何回か切ってもらいました。前回背中にできた粉瘤を手術してくれた病院はレーザーで穴をあけて袋を取り出す方法の病院でした。今回はザックリと大きめに切り取るようです。

前回は手術費用も1万円程度で入院も無かったので安かったのですが。少し遠かったので今回は近くの病院に行ったところ値段が跳ね上がりました。今回は美人の女医さんだったから高いのかな?(笑)

検査費や術式で料金が違うのでしょうが費用がかさむのは痛い。

この費用をどうにか出来ないか生命保険のサポートに聞いてみました。

粉瘤の手術費用は生命保険から出る可能性あり

前回の1万円代で摘出した時は、手術費用を生命保険から出してもらえませんでした。今回もダメ元で聞いてみると日帰りでもいいので入院するのなら手術費用を出してくれるようです。

私の保険の場合、入院する事と指定の診断書などの提出があれば手術費用として入院日額の5倍の金額が支払われます。

聞いてみるものですね。これなら凄く助かります。

病院から日帰り入院手術で24000円と言われたときは、前回の倍以上の金額にブルーになりましたが、生命保険から出してもらえる可能性があると聞くと気が楽になりました。

来週までに少し炎症を抑えて、手術に臨みたいと思います。

粉瘤関連でこんな記事も人気です

スポンサーリンク

粉瘤が炎症して腫れ上がるのは細菌が原因ではなかった

チョット豆知識です。粉瘤が炎症して腫れ上がってしまうと痛くてたまりませんよね。キレイにしておかないから細菌が入って炎症してしまったんだろうと言われたりしますが、そもそも皮膚の中での出来事ですから、そう簡単に粉瘤だけが細菌の被害にあうのは難しいと思いませんか?

細菌による炎症よりも、粉瘤を圧迫したことにより粉瘤が皮膚内で破けてしまい、漏れ出た内容物が炎症を起こしてしまうようなんです。

粉瘤が大きくなってくるとついつい触ってしまう人は、圧迫しないように注意してください。

ベルトや硬いものが当たる部分に粉瘤が出来ている人は、なるべくそういったもので圧迫しないようにした方が良いですよ。

あまり圧迫しなさそうな場所以外は、炎症を起こして大変な事になりやすいので早めに病院で手術してもらってください。

ちなみに、傷跡が気になる方は形成外科へ相談に言った方が良いですよ。同じ外科でもキレイに処置してくれるので、傷を残したくないような方は、形成で相談してみてください。


Pocket

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

KAZUO
自己紹介
気軽にメールください


リタイアして今はブロガーとして頑張っています。セミリタイアしたい方もリタイアしない方にも役立つ情報を発信したいと思っています。

■フォローお願いします


■応援いただけると嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
免責事項・著作権・プライバシーポリシー

お気に入りに登録

キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックしていただきますと「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。